03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

勝てねーーーwwwwwwwww 

BCF優勝報告の記事の次のタイトルがこれってどうなんでしょうか


ということで恒例の身内での温泉旅行兼WS合宿に行って参りました
これまでと違って2泊3日ということでいつにも増してのんびりWSできましたね。さぞや楽しく対戦することができたでしょう(白目)

恒例の身内大会は2日目にやりました。いつもどおり葉氏のブログに詳細があるんでそちらもどうぞ

例によって個人のレポだけさくっと書きます

使用デッキ ビビッドレッドオペレーション

一戦目:ニセコイ@軽業氏 ×
いきなり闇と遭遇
事前に考えてたニセコイ対策として1レベでポジティブ3面並べてシナジーを不発にするなどして序盤は優勢
ダメレもこちら優位で相手のリソースも削れていたけど、3レベ先上がりされてマリカ2面からの再スタンドで2-4から死亡
もぅマヂ無理。。。マリカしょ。。。

二戦目:リトバス@むーん氏 ×
リトバスは身内でも何度かやったことがあったのでなんとなくプール覚えてるつもりだったんですが動物は分かりません()
相手の後列のクドがレスト500パンプだと思ってたのがレストレベルパンプでした。あとはお察しください

三戦目:AB@葉氏 ×
かなりの回数葉氏のABとフリーしてたのでどれが本戦の記憶か分かりません()
情熱少女で力持ちケアされて負けたのはぐぬぬでしたね。これ以外にも今思うと何も考えずに立ち回ってたなと思います。反省
これレポになってないですね

四戦目:化@灯夜氏 ×
一つ前の試合が完全にトラウマになってて、3レベ忍にびびって力持ち握るのやめたのはさすがにどうかと思います
ニセコイやABと違って強烈な詰めが飛んでくるわけではないので、3レベである程度耐えてワンチャンスに5点バーン入れるという流れはやりやすい相手
水着のわかばでのらりくらりと生き延びるものの5点バーンも直後のダメもキャンセルされ、最終的にこちらのキャンセルが足りず敗北
一番3レベが熱かった試合でした。負けましたが展開としては凄く楽しかったです。負けましたが

五戦目:シンフォギア@幸雪氏 ×
+2採用してるのは把握してたんですがやたら0レベでCXが見えて背筋が冷たく
ただ相手も0レベのキャンセルが強く、1レベに上がってシナジーとして撃つころには2/10くらいの山にはなってたのでとりあえず安心。うまい具合に2キャンして1レベでリフ
しかし2レベで再び撃たれた+2がわりとモロに通ってしまい、こちらが3レベに上がっても詰めきることができず敗北

六戦目:犬日々@ハセガワ氏 ○
前回のSKTと型が変わってて地味にびびる
他の試合では(おそらく)活躍してた勇者超特急が一切出てこなくて、1レベも正々堂々が殴ってきたりと盤面が作れていなかった様子
最終的に3レベで詰めきって勝ち。ここに来て初めての白星
ただ圧縮的に前のターンにバーン撃ってもそのまま5点通ってた可能性が十分あったんですよね。必要以上に慎重になりすぎてた感がありました。反省

七戦目:ミク@水蓮氏 ×
ビビッドレッド引けなかったりで盤面が悲惨なことになってました
ダメレ負けたまま相手3レベに上がって工場長耐え切れず終了

八戦目:シャナ@オチ氏 ×
彼以外にシャナ組んでる身内がいなくてなかなかフリーする機会もないのでなんとなくしかプール知りません
相手もあまりWSする機会がないのでビビオペのプールを知らないそうで、お互いに公開領域を確認しながらの試合。初心者かな?
1レベのアタッカーの枚数を削っていたらしく、序盤の展開は割りと優勢
しかし当然トーチを立たされたためにこちらの詰めが機能せず、相手の詰めを凌ぎきることができずに敗北


ということで1-7で最下位でした。しにたい
この大会に限らず合宿中のフリーで全くといっていいほど勝てていなかったので悪い予感はしていたんですが案の定でしたね
3日間WSやって総試合数は覚えてないですが全部で3勝しかしてませんでした

ニセコイを始めとして今年は3レベの詰め性能が凄まじいタイトルが多く、3レベをある程度耐えながらワンチャン5点バーンを入れていくっていう動きは非常に環境との相性が悪いですね 幻影?なんのこったよ
力持ちがあるのでまだマシではありますが、3レベで耐え切るというプランは現実的ではない部分はあると思います
とはいえここまで極端に勝てないのはどう考えてもそれだけが理由ではないので根本的に見直していく必要がありますね。今もいろいろ試行錯誤しています


WSの成績はもうこれ以上ないほどに悲惨でしたが、温泉旅行自体はとても楽しかったです
全力でやるにっこにっこにーがあそこまで楽しいとは
身内からの煽りがどんどん熾烈なものになっているのは不安ではありますが、ぜひまた行きたいですね
スポンサーサイト

[edit]

BCF2014仙台 ペルソナ(和服)デッキ解説 

優勝したのでレシピ解説します
レシピは公式を(ry



*採用しているカード
・0レベ
4 浴衣の陽介
性能の割りに高価で有名な擬似相打ち
自身がリバースしたときバトル相手の0レベをバウンスして手札を一枚捨てさせるということで、普通の相打ちと違って相手をリバースさせずに1:1交換できる代わりに、相手に不要なカードを捨てられてしまいます
あと地味にこいつ強制効果です。このへんも含めてほぼ一方通行の劣化ですね
ただ本戦でも一回あったんですが、相手のドジっ娘電をバウンスして、次のターンに相手がもう一回出したときにトップチェック失敗して寝てくれることがあるなど、ものすごいピンポイントですがこのカードならではの強みも一応あります。一応。
あとこのカードの強さはなんといっても特徴ですね。ジュネス・和服はペルソナのプールの中では相当恵まれています
性能に難があるとはいえ、ほぼ0レベでまともに殴り合えない和服に擬似相打ちを採用できるのはそれだけで助かります

4 浴衣の千枝
アタック時かフロントされたときに山削って、0レベならパワーとレベルパンプ
お気に入りカードをこれにするべきだったと出した後で思いました。このデッキの強さを支えるカードです
単純に出すだけで往復で山を2枚削ってくれるため、集中と合わせてかなり安定して1レベでのリフを狙うことが出来ます
またこのデッキ唯一のフルネ雪子のパンプ対象で、一枚レストで4~5000、2枚レストで5500~6500まで出せるので、運がよければぼららら絵里すら上から踏めます。
レベルパンプもあるため相打ちを処理できる「かも」しれません。確実ではありませんが、常時レベルパンプとは違って相手が相打ちをぶつけてきてくれるので、一方的に潰してくれる場合も多いです
山削りは任意効果なので、2週目以降も圧縮を見ながら使うかどうか選べます。中盤以降で扉噛んだらとりあえず回収しといて損はないです

4 一刀両断 雪子
条件付きで自分のキャラをレストして後列に下げられます
殴ったキャラが踏まれずに帰ってくるのでハンドの消費を抑えます。集中やフルネ雪子あたりに使うと無駄がないです
ストック3という条件は3パンすれば満たせるので、比較的リスクを侵さずに安定して3パンすることが出来ます
効果を使うためには相手を踏む必要がありますが、今の環境の0レベは相打ちやシステムキャラが採用されていることが多く、常時高打点を出力しているキャラが出ていることは少ないため、後列などのパンプ手段がなくてもわりと安定して効果を発動することが出来ます

4 天城雪子
千枝にレストで1500パンプと扉シナジーで22キャラ回収
パンプ効果は浴衣の千枝のところで説明したとおりです
扉シナジーの効果は単純に強いんですけど、逆ナンのほうを手札から打つタイミングがほとんどないのでこの効果は滅多に使わないです
このカードの一番の仕事はコノハナサクヤのコスト踏み倒しですね。どう使うにせよ単体で機能するカードではないので腐りやすいのが難点です

4 仲間との約束 雪子
言わずと知れた如月影二
ペルソナ初の集中が雪子で出たのが本当に偉いです
2レベでのチェンジを狙う関係上全力で1レベリフを狙っていく必要があるため、序盤から可能な限りガンガン使っていきます

・1レベ
自称特別捜査隊 雪子
扉シナジーで控えから同名カードを場に出します
手札の消費を抑えつつCXを貼れるため積極的に使いたい効果ですが、対応とこのカードを握った上で控えにもう一枚落ちてないといけないので安定性に欠けます
浴衣の千枝と集中で控えに落としつつ一枚は回収するっていうのは狙いやすいので、やはり対応が握れるかどうかですね
2面並べてシナジー打つとアド+1です。そうそう狙えるものではないですが本戦で一回だけやりました
また、ストック5枚以上でバニラサイズになります。1レベではCX込みで6500までしか伸びませんが、2レベで浴衣の雪子2面並んでると8500まで伸びるので十分アタッカーとして使えます

4 「難攻不落の“黒”雪姫」天城 雪子
条件付1/1 7000手札アンコール
CX込みで8000なのでギリギリぼら絵里を見た目越え出来ます
カウンターでほぼ確実に返されるラインですが和服の1レベの中では一番高い打点を出せるカードです
2レベでは浴衣の雪子を並べると素で9000になるのでこちらも十分アタッカーになります
手札アンコールはほぼ確実に3面踏まれる和服の1レベを誤魔化せるほか、3レベを切ることでチェンジの補助にも使えます
4投していますがストックの消費は抑えたいので2面以上出すのは稀ですね。基本的にレベル置き場はこのカードで埋まります


2 署内一の頭脳派 足立
相手のレベル以上のレベルのキャラに対する相打ち
CX以外で唯一の非和服枠。若女将のトップチェックが外れたら元も子もないので極力非和服は採用したくないんですが、このカードは別ですね
和服は2レベはそれなりにパワーは出せますが早出しを上から踏むのはほぼ無理なのでとても頼りになります
ただ環境的に早出し自体が下火なのかほとんど使う場面はありませんでした。本戦では三隈とOFF真の前の素前にしか使う機会はなかったです
刺さらないと判断したら即レベル置き場に封印しましょう

・2レベ
2 一件落着 雪子
登場時1コストで控えから0レベを釣ります
コストはかかりますが単純にアド+1なのでクロックドローの回数を減らせます
またフルネ雪子を釣れるので、フルネ雪子釣る→サクヤで踏み倒しとすることで2コストで21と22キャラを並べることが出来ます
ただチェンジのためにストックの消費は抑えたいので、このカードの効果を使うことはそこまで多くありません
浴衣の雪子を並べると素で10000になれるので単純にアタッカーとしての運用が多いです
どうしても3パンできない場合などに仕方なく使う程度ですね。釣る対象は安定の浴衣の千枝か集中あたりです

2 雪子&コノハナサクヤ
自身のコスト踏み倒し、相手のレスト×500パンプ、登場時相手一枚レストの22キャラ
手札消費は増えますが、フルネ雪子を控えに送ることで22キャラをノーコストで出せるのが物凄く強いです。若女将のチェンジと合わせて、2レベからソウル2で殴ることでダメレを取りにいけます
また浴衣の雪子のレスト効果と合わせて行きは安定して11500を出せるため、普通に上から殴れるのも強いです
返しは1パン目で殴られると打点は低いですが、若女将を複数面並べたいので踏まれても問題ないです

4 浴衣の雪子
和服と扇子に1000パンプ、自身レストで相手一枚レスト、若女将へのドローフェイズチェンジ
特徴パンプも凄く優秀ですがなんと言ってもチェンジですね。アルテまなどと違って2コストかかる代わりに控えではなく手札に戻るため、チェンジするだけでアドが取れます
このおかげでクロックドローの回数を減らせるので、ダメレ有利を取りつつ若女将で一気に仕留める流れが作りやすくなります
なんとしても二面並べてチェンジしたいので、最低でも二面出してストック4残して次のターンを迎えられるようにしたいです。出来れば6
あと地味ですが相手キャラをレストする効果も持ってます。毎回身内に忘れられます

・3レベ
4 若女将 雪子
アタック時トップチェックで1点バーン、手札アンコール
和服で組む理由ですね。コストのかからないバーン効果をアンコールで継続して打ち続けられるほか、チェンジで2レベから複数面立たせることが出来る非常に強力なカードです
2レベで一回で最大2面立たせられるので、2レベからでもそのまま殺しに行くことは十分狙えます。またアンコールで維持できるため3レベに入ると大体3面並びます
弱点はCXか足立がめくれるとバーンが不発になることと、クロック送りやトップ盛りなどのアンコール出来ない手段で処理されることですね
前者は足立をレベル置き場に置けば少し確率は下がりますが基本祈るしかないです。3面並ばないなら浴衣の千枝も出してアタック順を調整するのも手です
後者もやられたら大分厳しいですが、相手がレベル3ならこのカードが一面でも残れば十分殺しにいける範囲なので、そのターン生き残ればなんとかなることも多いです。ちなみに閃光のアスナなどのストック飛ばしはすぐにチェンジできるので問題ないです

・CX
4 突撃逆ナン大作戦
4 コノハナサクヤ発動
フルゲです
シナジー自体が普通に強く、手札の維持を扉に頼ってるわけでもないので初風がいても問題ないです

・その他
助太刀は採用するとどうしても非和服枠が増えてしまうこと、カウンターしても返せるような盤面がほぼ作れないこと、というか踏まれても大して問題ないことなどから採用してないです
完二ちゃんを入れていたこともあったのですが、追加効果を使うストックがどう考えても無いので抜きました
キャラは一部を除きほぼ4投ですが、単純に他に採用したいカードが無いので枠ギリギリまで突っ込んだだけです。和服のプールはそれくらい狭いです


*立ち回り
・マリガン
CX→逆ナンは切り、サクヤは1枚残して切る
3レベ→全切り
2レベ→全切り
1レベ→特捜隊は1枚なら残し、2枚あったら1枚切る。黒雪姫は切り、足立は後攻時に2レベで早出しするデッキだと分かれば残し、それ以外は切る
0レベ→基本キープ。1レベの対応を握れていない場合はフルネ雪子>陽介=一刀両断>集中=千枝くらいの順で出来るだけ切る

・0レベ
先攻なら1パンして集中につなげる。相打ち採用してそうなら千枝、それ以外なら陽介優先
後攻なら一刀両断と他に0レベがいれば3パンで効果発動、いないなら陽介か千枝+フルネ雪子で1パンで次のターンに狙う。一刀両断の効果では浴衣の千枝は下げないように

・1レベ
特捜隊のシナジーを狙う。出来ないなら一刀両断をここでも狙う
後上がりだと特捜隊使えても踏めない場合が多いですが、1レベが長引くと厳しいのでチャンプでも問題ないです
1レベでリフ入らないと2レベでのドローフェイズチェンジが失敗しやすくなるので、ここまで集中と千枝でひたすら山を削ります

・2レベ
浴衣の雪子2面並べて、フルネ雪子でサクヤのコストを踏み倒して殴っていきます
チェンジで勝手にアドが取れるので、出来れば2レベ入った時点でクロックドローは放棄してダメレを取りに行きます
サクヤは基本使い捨てですが次のターンに若女将が並ぶので問題ないです。帰ってきたらソウル2が残るのでおいしいです

・3レベ
焼きます

以上です

何か質問とかあればブログのコメントかツイッターのほうでお願いします
がんばって答えます

[edit]

えのき(裏声) 

>ブログにレシピ載せるのをオススメされたのでこれからはぼちぼちやってこうと思います

(大嘘)


第二回SKT以来半年ぶりの更新です

自分含めて身内12人で一泊二日のヴァイス合宿に行ってまいりました
詳細に関しては葉っぱさんのブログで(ry

とりあえず個人のレポだけ書いておきます


使用デッキ:ビビッドレッド・オペレーション(赤緑青)

一戦目:AB@むーん君 ×
実はABとはこれが初対戦でした。対策以前にそもそも存在自体忘れてたためカードプールとか一切分からない。ひどい。
マリガンの時点で相手がレベルパンプの応援を切ったので、レベル1相打ち採用してる俺はこの時点で絶望しました
案の定レベル1までは盤面取られて苦しい展開になるも、レベル2でわかばのチェンジをしてからはやや巻き返すことに成功
しかしそこまでに付いていたダメ差と圧縮の悪さを覆すことが出来ず、そのまま理不尽にトドメを刺されて終了

二戦目:戦国BASARA@幸雪君 ○
ゼロ魔での参戦を予想してたのでちょっと意表を突かれました
レベル0をほとんど引くことが出来なかったようで、レベル1まではこちらが優勢で進む
レベル2では雷光を出される。こっちはわかばとレベル応援出てるし3000助太刀も握ってるからワンチャン返せるんじゃないかと思ったら、推して参ると合わせて20000まで伸ばされる。まあ無理ですよね
返しでは既に相手の3000助太刀が見えてたので、踏めるだろうと思ってたらまさかの二枚目のオクラ
その次は推して参る3枚見えてるし踏まれないだろうと思ってたら4枚目使われたりなんかもう色々とアレ
しかし色々と事故ってくれてたようでそんなんでも勝ちました。うーんこの

三戦目:DOG DAYS@ハセガワ君 ○
このタイトルも対戦したことなかったけど前日にプールだけ確認していたため、レベル3のチェンジを採用してくることを想定していたのですがここでも予想が外れる
レベル1で戦無双レオのシナジーなどでアド差をつけられるも、レベル2でわかばをチェンジしてからはほぼ盤面を完全に制圧。レベル3に入ってもミルヒのバーンを発動させることもないまま、あかねのバーン→わかばのトップ操作によってきれいに勝ち

ここから決勝トーナメント

四戦目:DOG DAYS@ハセガワ君 ○
三戦目と同じ組み合わせ。予選を2位抜けだったのでオーダー変更が出来たんですが、三戦目の様子を見るに多分このままでも勝てるだろうと思い変更なしで
大体三戦目と同じ感じで進行。わかば二面出したりしてたので盤面を踏まれることもなく、キャンセルの強さにも助けられそのまま勝ち

五戦目:D.C.@軽業君 ○
かなり対戦回数が多い相手のはずなのにマスターリッカの存在を忘れて5止めとかぶちかます。マジでなにやってるんですか俺
その後もあからさまなプレミを連発するもなんやかんやで勝ち
めっちゃ適当なレポになってるけど思い出したくないだけです・・・いや反省しなきゃいけないんだけど


ということで個人は4-1でチームは優勝。チームメイトで5-0のナイトマン君が神でした

続きから今回使ったレシピ
-- 続きを読む --

[edit]

S・K・T!S・K・T! 

一泊二日で友人たちと自分含めて10人で温泉旅行行ってきました
その中でヴァイスシュバルツの身内大会をやったので(むしろこっちがメイン)ちょっといろいろ書きたいので超久々にブログ更新しますよ

大会とかの詳しい結果は葉っぱさんあたりがこれでもかってくらい詳細に書いてるのでそっち見てください^p^
自分は試合内容がちゃんと思い出せない部分が多すぎるのでレポは書きません。書けません。

とりあえず結果としてはSKT杯はペルソナ(和服)で2位、キャラ単杯は翼単(シンフォギア)で優勝でした

正直普段からプレイングは適当で他タイトルのプールもまともに知らない自分がこんな好成績を残せるなんて思ってませんでした

特にSKT杯で負けたシャナ戦とディスガイア戦では後で振り返ると明らかなプレミがいくつかあったのでこれからもっと磨いていかないとダメですね
後列の集中雪子2枚を飛天無双斬で消し飛ばされたりね^p^

今回使ったデッキのレシピは長いので続きから
-- 続きを読む --

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。